神奈川県真鶴町、この小さな海辺の町には古くから石の文化がありました。石が人と人をつないできました。



 

 

日本列島をつなぐ石丁場の文化

今年の真鶴まちなーれでは、石の文化をテーマにした市民有志によるヤーンボミングのインスタレーションを開催いたします。







 

 

Learn about culture while having fun

あみあみ会を通して、たくさんの人たちが、このイベントに参加しています。

子供たちも、毛糸を編みながら、地域の文化に触れることができました。

約三百玉の毛糸を使い、本小松石をヤーンボミングしました。

Natural Andesite is cold. He's waiting for the yarn.

真鶴とヤーンボミング

2019年から、始まった真鶴のヤーンボミングの活動は、今年で2回目を迎えます。住民参加型のアートで町を活性化しようと始まりました。1回目はコミュニティ真鶴のシンボルツリーをヤーンボミングしました。

今年は真鶴の大切な文化の一つである石材業(本小松石)を題材にしました。多くの市民の方がたに、日本でも有数の銘石である本小松石の存在を感じていただき、また多くの観光客のみなさんにもこの石の美しさを知っていただきたいと考えて、企画いたしました。

Manazuru, a town of stones, forests, and the sea

真鶴の石たちのフォトギャラリー

アクセス方法(ことばの地図)

東海道線真鶴駅下車 徒歩15分

駅前から二つ目の信号を左方向真鶴港を目指して歩いてください。少し歩くと左手に情報センターがあります。さぁにセブンイレブンを過ぎて、坂を下ります。酒屋さん草柳商店を過ぎると港が見えてきます。そのまま港まで。右手に会場が見えます。そこにヤーンボミングした本小松石がみなさんをお待ちしています。

ぜひ、真鶴の海を満喫してください。